【Twinmotion】無料版のダウンロード方法

Twinmotion
スポンサーリンク

この記事では、Twinmotionの無料体験版のダウンロード、インストール方法をご紹介します。

Twinmotionは、アンリアルエンジンをベースに作られたビジュアライゼーションソフトです。

リアルタイムレンダリングで静止画や動画を作りたいけど、アンリアルエンジンやUnityは難しそう…
という方にぴったりなソフトで、とても関単に使用することができます!

元々、建築ビジュアライゼーション向けのソフトなので、BIMやCADのデータのインポートにも対応しています。

無料でほとんどの機能が使用できるので、ぜひインストールして、触ってみてください!

スポンサーリンク

無料版のダウンロードとインストール

まず、↓の公式サイトにアクセスし「Epic Games Launcher」というものをダウンロード、インストールします。

Twinmotion をダウンロード
高速で簡単なリアルタイム建築ビジュアライゼーション ツールの Twinmotion のダウンロード、インストール方法を説明します。

「Epic Games Launcher」は、過去のバージョンなど様々なバージョンのTwinmotionやアンリアルエンジンをインストール、管理するためのソフトです。

Epic Games Launcherのインストールが完了し、起動するとログインが求められます。

既にEpic Gamesのアカウントを持っている方であれば、それを使いログインします。
持っていない方、Googleアカウントなどでログインすることもできます、下の「サイアップ」からアカウントを作成することができるので、いずれかを選んでください。

スポンサーリンク

ログインが完了したら、「Twinmotion」をクリックします。
「Twinmotion」などの文字が見えない場合は、左側の「Unreal Engine」をクリックすると、切り替わります。

画像の緑でかこった部分でインストールするバージョンを変更できます。
基本的には、最新バージョンをインストールすると良いです。

複数のバージョンをインストールすることもできます。

あとは、「インストール」を押せば、ダウロードが始まり、インストールされます。

インストールが完了すると、同じところから起動することができます。

Twinmotion の日本語化

Twinmotionは、日本語にも対応しているので、言語を変更することができます。

左上の「Edit」→「Preferences」→「Language」から日本語を選択することで、日本語UIに変更できます。

ただ、元々、海外のソフトなどの英語での情報が豊富です。
なので、何か困ったときなどに、英語UIの方が検索しやすく、情報もマッチしやすいので、個人的には、英語UIのままで使っていくのがおすすめです

スポンサーリンク

無料体験版と有償版の違い

無料版と有償版の違いは、2つだけです。

  • 静止画、動画の出力解像度が2Kまで
  • 無料版は、商用利用禁止

それ以外の使える機能など、すべて無償版も有償版も同じです。

なので、商用利用しないのであれば、機能としては、全て無料で使えてしまいます

購入を迷っている際は、無料版で十分に試してから、購入を決めるのが良いでしょう。

ちなみに有償版は、1ライセンス、59,800円の永久ライセンスになります。
公式サイトからEpic Gamesアカウントでログインして、購入することができます。

また、alphacoxTooといった日本の代理店からも購入することができます。

まとめ

無料版のTwinmotionのインストール方法をご紹介しました。

手軽にインストールでき、無料版でも、有料版とほぼ変わらずに使用することができます。
ぜひ、ご興味ある方は、ダウロードしてみては、いかがでしょうか?

今年の4月には、書籍も販売されています。
私も購入しましたが、初歩的な部分から解説されており、やりたいこと別に分類されているので、見やすかったです。
これから使い始める方には、おすすめです!

Twinmotion デザインテクニック

Twinmotion デザインテクニック

wanimation
3,300円(09/29 00:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

このサイトでは、Unreal Engine5の使い方やおすすめのチュートリアルなども紹介しているので、ご興味あれば、併せてご覧ください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました