PR

UEFN、フォートナイト 推奨スペック おすすめPCも紹介

UEFN

UEFNがリリースされたことで、以前よりもFortniteを始めたり、島を作成する方が増えています。
ただ、Fortniteをプレイしたり、島を作成する際に

  • どんなGPUが良いのか?
  • どれくらいのスペックなら問題なく動くのか?

と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

この記事では、私のUEFNの使用経験も踏まえつつ、フォートナイトとUEFNを両方使用するのにどのようなスペックのPCが良いか解説します。
すぐに買えるおすすめのPCも紹介します!

結論から言うとRTX3060Ti以上のGPUを備えたゲーミングPCがあると良いです。
しかし、クリエイター向けのPCのようなスペックまでは必要ありません。

なぜなら、UEFNで島を作成するとしても最小スペックのPCやSwitchでもプレイできないといけないからです。
なので、高すぎるスペックのPCでも本領を活かすことはあまりなく、また、そのスペックのグラフィックを最小要件スペックのPCやSwitchで見ることはできません。

ただし、せっかくだからUnreal Engineでゲーム制作や映像制作なども行いたい方は、よりハイスペックなPCがあった方が良いです
UE5向けの推奨スペックについては、以下をご覧ください。
フォートナイトもUEFNも問題なく使えるスペックのPCを紹介しています。

スポンサーリンク

フォートナイト公式の推奨スペック

フォートナイトの公式ドキュメントでは以下のスペックが推奨されています。
UEFNも同じ要件です

推奨スペック
  • ビデオカード(GPU): Nvidia GTX 960AMD R9 280、または同等のDX11対応GPU
    ビデオメモリ: 2GB VRAM
  • プロセッサ(CPU): Core i5-7300U 3.5 GHz、AMD Ryzen 3 3300U、または同等のプロセッサ
  • メモリ: 16GB RAM以上
  • ストレージ: NVMe SSD
  • OS: Windows 10/11 64-bit

PCおよびMacでのフォートナイトのシステム要件を教えてください。 より引用

このくらいのスペックがあれば、余裕でプレイできます。
最近のゲーミングPCであれば、大抵満たしているスペックです。

クオリティプリセットの「最高」つまり、一番良いグラフィックでプレイしたい場合は、以下のスペックが推奨されています。

クオリティプリセット「最高」の推奨スペック
  • ビデオカード(GPU): Nvidia RTX 3070AMD Radeon RX 6700 XT、または同等のGPU
    ビデオメモリ: 8GB VRAM以上
  • プロセッサ(CPU): インテル Core i7-8700AMD Ryzen 7 3700x、または同等のプロセッサ
  • メモリ: 16GB RAM以上
  • ストレージ: NVMe SSD
  • OS: Windows 10/11 64-bit

PCおよびMacでのフォートナイトのシステム要件を教えてください。 より引用

最近のゲーミングPCのミドルレンジといったところのスペックです。

UEFNで島を作成したい方やサムネイルや宣伝動画の作成にPhotshopやPremireなどを使い方は、このくらいのPCがあった方が良いでしょう。

このくらいのスペックのおすすめPCは後ほど紹介します。

最小のシステム要件としては以下のようになっています。
このくらいのスペックがあれば、グラフィックの設定を低くしてプレイできるというものです。

最小のシステム
  • ビデオカード(GPU): インテルHD グラフィックス 4000、AMD Radeon Vega 8
  • プロセッサ(CPU): Core i3-3225 3.3 GHz
  • メモリ: 8GB RAM
  • OS: Windows 10/11 64-bitまたはMac OS Mojave 10.14.6

PCおよびMacでのフォートナイトのシステム要件を教えてください。 より引用

最近のPCであれば、ゲーミングPCでなくても基本的にはこのスペックを満たしています。

スポンサーリンク

UEFN におすすめのPC

パーツごとに買って組み立てるのも1つの手ですが、PCごと買いたいという方も多いかと思います。

上記のスペックを考慮して、用途ごとにフォートナイトやUEFNを快適に使用するためのおすすめPCとメーカーを紹介します。

搭載されるパーツや現在、販売されているモデルなどは都度変わっていくので、随時、変更、追加をしていきます。

パソコン工房

パソコン工房

パソコン工房」は、様々な用途向けのPCを販売しており、ゲーミングPCはもちろん、クリエイター向けのPCなど多く取り揃えています。

1/9まで年末年始セールが行われています。
クオリティプリセット「最高」の推奨スペックのPCなどもセール対象になっています。

予算を抑えつつ、UEFNとフォートナイトを使いたい方向け

推奨スペックを概ね満たしているけど、なるべく予算を抑えたい方には「AMD Ryzen 3搭載ミニタワーゲーミングPC」がおすすめです。

以下のような構成となっています。

  • OS: Windows 10 Home 64ビット
  • CPU: Ryzen 3 4300G
  • メモリ:16GB(8GB×2) DDR4-3200 DIMM
  • グラフィック機能:Radeon Graphics
  • ストレージ:500GB NVMe対応 M.2 SSD

となっており、必要に応じてカスタマイズ可能です。

10万円以下で購入できます。
グラフィックはCPU内臓のRadeon Graphicsではありますが、ゲームもできるように設計されています。

カスタマイズせずにこのままのスペックでも問題ないでしょう。
強いて言えば、ストレージを増やしたほうが後々良いかと思います。

ただ、もし予算を頑張れるようであれば次に紹介するPCの方が良いと思います。
快適にプレイできるに越したことはないですし、再度買い替えるとなるとより高くついてしまうからです。

UEFNもフォートナイトも最高画質で快適に使いたい方向け(ミドルレンジ)

UEFNを最高画質で快適に使うことはもちろん、サムネや動画のためにPhotoshopやPremireなどのグラフィックソフトも使いたい方には「第13世代インテル® Core™ i7 プロセッサーとGeForce RTX 4060搭載ミニタワーゲーミングPC」がおすすめです。

以下のような構成となっています。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU: インテル® Core™ i7-13700F
  • メモリ: 16GB(8GB×2) DDR5-4800 DIMM
  • グラフィック(GPU): GeForce RTX 4060 8GB GDDR6
  • ストレージ:500GB NVMe対応 M.2 SSD

クオリティプリセット「最高」の推奨スペックを満たしています。

新しいGPUを搭載しており、Premireなどのソフトも問題なく使用できます。

ただ、動画制作などもするのであれば、ストレージは増やしたほうが良いです。
1TBのSSDに変更するのも良いですし、2TBのHDDもありだと思います。

もし予算に余裕があれば、メモリを32GBにするのも良いでしょう。

UE5もUEFNも他のソフトも快適に使いたいクリエイター向け

UE5を使ったゲーム、映像制作なども含め申し分ないスペックのPCがほしい!
という方は「AMD Ryzen 9とGeForce RTX 4090搭載ミドルタワークリエイターパソコン」がおすすめです。

以下のような構成となっています。

  • OS:Windows 11 Home
  • CPU: Ryzen 9 7950X
  • メモリ: 64GB(32GB×2) DDR5-4800 DIMM
  • グラフィック(GPU): GeForce RTX 4090 24GB GDDR6X
  • ストレージ:1TB NVMe対応 M.2 SSD [PCIe 4.0×4]

完全にクリエイター向けのPCです。
UE5の重いサンプルなども問題なく開くことができます。

ノートPCが良い方向け

家の中や外で持ち歩きたいなどノートPCが良い方は「LEVEL-15FX155-i7-PLSXM」がおすすめです。

以下のような構成となっています。

  • OS:Windows 11 Home
  • CPU: インテル Core i7-13700F
  • メモリ: 16GB (8GB x2) 
  • グラフィック(GPU): NVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU
  • ストレージ:500GB NVMe対応 M.2 SSD

こちらもクオリティプリセット「最高」の推奨スペックを満たしており、Premireなどでの動画制作も問題ありません。

FRONTIER

FRONTIER」はヤマダ電機グループの国産大手BTOメーカーでゲーミングPCやクリエイター向けPCなど多数取り揃えています。
1993年創業で20年以上の実績があります。

ラインナップはそこまで多くないですが、その分、厳選されているので初心者が選びやすいというメリットがあります。

FRONTIERでも1/18まで30周年記念セールが行われています。
RTX4000番台搭載のPCが20万円弱~など対象製品が安くなっています。

UEFNもフォートナイトも最高画質で快適に使いたい方向け(ミドルレンジ)

FRONTIERには、10万円以下で”予算は抑えつつ、UEFNもフォートナイト使いたい方向け”のおすすめPCがありません。
また、パソコン工房より少しお高めです。

ただし「残価設定クレジット」という買い方があるので、数年おきに買い換えたい方や最新の機器を使いたい方におすすめです。

おすすめは「FRGAG-B550/B/NTK」です。
以下のような構成となっています。

  • OS:Windows 11 Home
  • CPU: AMD Ryzen 7 5700X
  • メモリ: 16GB (8GB x2)
  • グラフィック(GPU): NVIDIA GeForce RTX 4070
  • ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD

こちらもクオリティプリセット「最高」の推奨スペックを満たしており、グラフィック系のソフトも問題なく使用できます。

UE5もUEFNも他のソフトも快適に使いたいクリエイター向け

おすすめは「FRGLB760/SG2」です。

  • OS:Windows 11 Home
  • CPU: インテル Core i7-13700F水冷CPUクーラー
  • メモリ: 32GB (16GB x2)
  • グラフィック(GPU): NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti
  • ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD

水冷CPUクーラ4070Ti搭載ながら、比較的にお手頃な価格です。

メモリを64GBにすることもできるので、64GBに重いサンプルも問題なく開けます。

ノートPCが良い方向け

ノートPCが良い方は「FRVNR714/A」がおすすめです。

  • OS:Windows 11 Home
  • CPU: インテル Core i7-13700F
  • メモリ: 16GB (8GB x2) 
  • グラフィック(GPU): NVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop GPU
  • ストレージ:512GB M.2 NVMe SSD

こちらもクオリティプリセット「最高」の推奨スペックを満たしており、Premireなどでの動画制作も問題ありません。

スポンサーリンク

まとめ

UEFN、フォートナイトの推奨スペックとおすすめPCを紹介しました。

CPUやストレージなど各パーツ重要ですが、主に重要になってくるのではGPUです。

最近販売されているゲーミングPCだと基本的には推奨スペックを満たしているので、なるべく安くしたい方は、ゲーミングPCの中で一番安いものを買っても問題ないでしょう。

ただ、快適にプレイしたい場合やその他の動画制作なども行いたい場合は、最安よりワンランク上のゲーミングPCが良いです。

具体的には、RTX 3070AMD Radeon RX 6700 XT以上のスペックのGPUが推奨ですが、RTX3070搭載のPCはほぼないので、RTX3060TiやRTX4000番代あたりを購入すると良いでしょう。

また、CPUのスペックにも気を付けましょう。
必ずしも世代でスペックが決まるわけではありませんが、インテルであればCore i5とCore i7でスペックが大きく変わってきます。

推奨スペックでもある Core i7-8700AMD Ryzen 7 3700x あたりを選ぶと良いと思います。

UEFN、フォートナイトを快適に利用するための参考になれば幸いです!

このサイトでは、UEFNの基本的な使い方も紹介しているので、実際に使い始める時に参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました