【UE5】DLSSの使い方と比較

UE5
スポンサーリンク

NVIDIAがゲームエンジン向けに提供している「Deep Learning Super Sampling(DLSS)」というツール(プラグイン)があります。
簡単に言うと、これは小さい解像度でレンダリングし、処理速度を高め、AIで求められる解像度にするという技術です。
UE5にも対応しています。

また、UE5には、デフォルトの機能で「Temporal Super Resolution(TSR)」という機能があります。
これもDLSSと似たような技術で、こちらも簡単に言うと、入力に対して、より大きな解像度相当の品質、見た目にするというものです。

なので、どちらも処理速度を上げつつ、見た目を維持、もしくは向上させるものです。
大きな違いとしては、DLSSは、プラグインを導入する必要があり、かつ、RTXのGPUで動作するのに対し、TSRは、UE5でデフォルトで使われており、RTX以外のGPUでも操作する点です。

今回は、UE5でのDLSSの使い方を紹介し、見た目とフレームレートに焦点を当てて、比較してみたいと思います。
検証には、古代の谷のサンプルを使用しています。
環境は、RTX2080Ti、メモリ:64GB、i9-9900K 3.6GHz です。

スポンサーリンク

DLSSの使い方

まず、UE5でのDLSSの導入の仕方や使い方を紹介します。

DLSSのプラグインは、こちらからDLすることができます。

Get Started
Getting Started with DLSS Download SDK System Requirements Latest Version FAQ Download UE Plugin System Requirements Latest Version FAQ Download Unity 2021.2 Be...

ページ中の「DOWNLOAD THE UNREAL ENGINE PLUGIN」の部分でAgreementにチェックをいれ、「UE5 DOWNLOAD」をクリックするとプラグインをDLすることができます。

DLしたファイルの中の「DLSS」フォルダを下記のフォルダのどちらかにコピーします。

  1. UE_5.x\Engine\Plugins
  2. Projectフォルダ\Plugins

前者はUnreal Engine自体に導入され、後者は、そのプロジェクトにのみ導入されます。

プロジェクトを起動し、DLSSが有効になっているか確認します。
有効になっていない場合は、Enbledにチェックを入れ、再起動します。

プラグインが有効になると、Viport OptionにDLSSの項目が追加され、ここからDLSSの有効化とモードの変更ができます。

OffでDLSSは無効になります。
それ以外のボタンを押すことで有効になります。

DLSSのモードの比較

OffでDLSSは無効になります。
それ以外のボタンを押すことで有効になります。
Quality>Balanced>Performance>Ultra Performance
の順でQualityが品質優先で、Ultra Performanceがパフォーマンスに優先になります。

そのため、基本的に、Quality側の設定ほど、画質が良く、パフォーマンスはあまり変わらず
Ultra Performance側の設定ほど、画質が悪くなり、パフォーマンスがあがります。

処理速度の結果から言いますと、以下のようになりました。

Off約65FPS
Quality約79FPS
Balanced 約79FPS
Performance約81FPS
Ultra Performance約85FPS
各モードの処理速度の比較

見づらい場合は、ブラウザの方で拡大してご覧ください。
TSRは無効にしています。
また、画像を縮小しているため、実際の画質は、もっと良いです。比較としてご覧ください。

off と Quality

Quality と Balanced

Balanced と Performance

Performance と Ultra Performance

まず、offからQualityにすると10FPS以上上がりましたが、見た目はそこまで変わっていません。
影が少し劣化しています。

また、モードを変えても、そこまで大きくは処理速度も見た目も変わりませんでした。
ただ、特に影がUltra Qualityになるほど、劣化している印象です。

そのため、個人的には、Qulityもしくは、Balancedで良いのかなと思います。

Temporal Super Resolution(TSR) の比較

おまけで、TSRを有効にしたものと無効にしたものを比較してみました。

TSRはデフォルトで有効になっています。
コンソールコマンドの「r.TemporalAA.Algorithm」で「0」で無効、「1」で有効にできます。

こちらは、Screen Percentageを変えることで、効果がわかりやすいです。

SP 50 にしてみたものの比較が以下の画像です。

拡大して見て頂くと、TSRが有効の方がディテールが出ているのがわかるかと思います。
処理速度は変わりませんが、SP を50にしているので、その分、処理速度が上がっており、81FPSになっています。

TSRは、上記のコンソールコマンドですぐにオン、オフできるので、ぜひご自身の環境で試してみてください。

まとめ

UE5でのDLSSの導入の仕方とモードの比較をしてみました。

今回の環境では、DLSSの有無で10FPSの差がありました。
Qualityでは、大きくは絵に影響しませんでしたが、Ultraにすると影の劣化やアーチファクトが目立ちました。

ただ、TSRが想像以上に優秀でした。
SPを50の時の処理速度は、DLSSのPerformanceと、ほぼ同じで、SP100でTSRを使わない状態とほぼ変わらない見た目でした。

なので、処理速度を上げるという意味では、TSRを使用しつつ、Screen Percentageを下げたほうがお手軽かなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました