UE5での映像制作に関する情報

UE5
スポンサーリンク

UE5がリリースされ、映像制作での利用もより注目を浴びるようになりました。

一時期話題になったUE5で制作された「越中大門駅」の映像など現実と見分けがつかないような映像も増えています。

この記事では、Unreal Engineで映像制作をするときに役立つウェブサイトやブログ記事、講演、スライド、サンプルファイルなどをご紹介します。

映像云々の前に「そもそもUE5を使ったことがない…」「そもそも使い方わからん」
という方は使い方やチュートリアルを紹介している記事もありますので、そちらも併せてご覧ください。

この記事は、こんな方におすすめです!
  • ツール関係なく、映像制作している方
  • Unreal Engineの映像制作を検討している方
  • Unreal Engineでの映像の事例やサンプルプロジェクトを探している方
スポンサーリンク
  1. 映像制作全般
    1. Technical Guide To Linear Content Creation【ウェブページ】
    2. 映像制作での Unreal Engine 活用のはじめ | ACTF2022 in TAAF【講演】
    3. 初心者向け UE4 映像制作での シーケンサー と Movie Render Queue の使い方【講演】
    4. UE4を使った映像制作 (UE4 Character Art Dive Online)【講演】
    5. 映像制作のためのUnreal Engine入門講座【雑誌】
    6. CGWORLD vol. 288(2022年8月号)【雑誌】
    7. シネマティックプロダクションとは?~リアルタイムエンジンによる映像制作の新しいワークフロー~【講演】
  2. アニメ
    1. 『ガールズ&パンツァー 最終章』第3話 アニメとゲームエンジンの融合【講演】
    2. 「ノー・ガンズ・ライフ」における、UE4によるCGとセルアニメとの融合 【講演】
    3. 劇場アニメ『HELLO WORLD』“一行瑠璃“ のUE4によるセルシェーダー構築フロー【講演】
    4. UE4 Manga Anime Illustration Dive Online【講演】
  3. フォトリアル・実写
    1. Welcome To Virtual Production【記事&チュートリアル】
    2. 書籍 – バーチャルプロダクションの教科書
    3. Unreal Engine 4.27 In-Camera VFX Tutorials【チュートリアル】
    4. はじめてのバーチャルプロダクション~3DCG背景を使用した新しい撮影方法を知る~【講演】
    5. UE4を使用したバーチャルヒューマンの映像制作【講演】
    6. Creating the Dreamworld【講演】
  4. サンプルプロジェクト
    1. City サンプル
    2. ミーアキャット デモ
    3. Slay アニメーション サンプル
    4. インカメラ VFX 制作テスト
    5. MetaHumans
    6. Composureフレームワーク
    7. オーストラリアの自然
  5. まとめ

映像制作全般

映像制作と言ってもセルルックや実写など幅広いですが、まずはジャンル関係なく役立つ内容のもやとりあえず見ておいた方がよいものをご紹介します。

Technical Guide To Linear Content Creation【ウェブページ】

Technical Guide to Linear Content Creation | Learning path
The Technical Guide for Linear Content Creation is collection of curated resources for Producers, Supervisors, Technicians, and Artists who have a backg...

英語ですが、Epicが提供している映像向けの学習コンテンツ(英語)のまとめ記事です。

Unreal Engineでのパイプラインの構築からレンダリング、コンポジットまで0から最終工程までの情報がまとめられています。
プロデューサー、スーパーバイザー、技術者、アーティストなど様々な職種向けに作られています。

かなりボリューミーですが、一通り見れば、アンリアルエンジンでの映像制作がどういうものなのかを一通り理解できるかと思います。

映像制作での Unreal Engine 活用のはじめ | ACTF2022 in TAAF【講演】

Unreal Engine が映像制作に使われる理由や強みプリレンダリングでのワークフローとの比較などをEpic Gamesの方がお話されています。

どういった強みがあるかというのは、UEの使用を迷っている方にはおすすめです。

ワークフローの図の順番にどういった機能を使うのかというのが解説されており、アンリアルエンジンでの映像制作をざっくり学ぶのに役立ちます。

後半では、アーティストの職種別に学習コンテンツも紹介されています。

初心者向け UE4 映像制作での シーケンサー と Movie Render Queue の使い方【講演】

こちらの講演では、映像制作で使用する機能の使い方が解説されています。

シーケンサーは、映像関連では必須の機能です。
タイムライン機能を持ち、DCCツールなど度同様にキーフレームアニメーションを作成したりタイムラインに沿った様々なことを行えます。

Movie Render Queueは、作成した映像を連番画像で書き出すための機能です。
ただ書き出すだけではなく、アンチエイジングや高解像度でのレンダリングなどの機能も付いています。

映像制作で必要なその2つの機能が大変わかりやすく、くまなく解説されています

UE4のときのものになりますが、UE5でもそのまま役立ちます。

スポンサーリンク

UE4を使った映像制作 (UE4 Character Art Dive Online)【講演】

実際の映像事例を元にキャラクターのモデリング、リギングからマテリアル、アニメーション、ポストプロセス、レンダリングという映像制作の一通りの流れが解説されています。

キャラクターアニメーションを主軸においた作品のようなので、アニメーション部分は特に参考になります。

若干、UE5でContorl Rigが発展してきて、ワークフローが変わりつつある部分もありますが、アニメーションの準備の仕方やインポート方法などは今でも役立ちます。

アニメーション周りに関しては、こちらの記事もよろしければご覧ください。

また、映像ではよく使うUDIMについても解説されています。

スポンサーリンク

映像制作のためのUnreal Engine入門講座【雑誌】

ビデオ SALON (サロン) 2022年2月号 [雑誌] ビデオサロン

ビデオ SALON (サロン) 2022年2月号 [雑誌] ビデオサロン

1,210円(01/31 09:00時点)
発売日: 2022/01/20
Amazonの情報を掲載しています

ビデオサロン 2022年2月号では「映像制作のためのUnreal Engine入門講座」という特集が組まれています。

バーチャルワールドの作り方というちょっとしたアンリアルエンジンの使い方や様々な事例やそのメイキングが紹介されています。
In-Camera VFXを使用した実写やキズナアイのライブの舞台裏など幅広いです。

CGWORLD vol. 288(2022年8月号)【雑誌】

こちらは映像に特化したものではありませんが、UE5について特集で組まれています。

UE5の新機能やサンプルについてや作品制作や検証にUE5を使ってみた結果や所感が述べられています。

単純に記事として面白く、映像制作にも役立つ内容です。
個人的にCASE02のKhakiさんの記事が特に面白かったですし、勉強になりました。

HoudiniのSideFXが制作したデモのProject Titanの解説記事もあります。

シネマティックプロダクションとは?~リアルタイムエンジンによる映像制作の新しいワークフロー~【講演】

Maya x Unreal Engine ウェビナー シネマティックプロダクションとは? ~リアルタイムエンジンによる映像制作の新しいワークフロー~
SAFEHOUSEでは従来のMayaによる背景モデル制作に加え、最近ではUnreal Engine(以下UE) をつかったリアルタイムエンジンによる映像制作を行っている。モデリングチームとは別にシネマティックチームをつくり、新たなプロダクションにチャレンジしているのだ。今回のウェビナーではモデリングチームとシネマティッ...

Unreal Engineを使って映像制作を行っているSAFEHOUSEの講演です。

どういったワークフローで映像制作をしているかやMayaからアンリアルエンジンにモデルを持っていくときのポイントなどが解説されています。

特に背景制作のポイントは非常に勉強になります。

スポンサーリンク

アニメ

続いてセルルックや2Dなどのアニメ系(フォトリアルではないもの)についての情報です。

リアル系=Unreal Engine、セルルック=Unityというイメージがありますが、日本語での情報だと意外とセルルック系の講演などが多くあります。

セルルック系だといかに2Dらしさを出すかと言うことが重要になってくると思うので、そういったルック周りを解説している公園が多めです。

『ガールズ&パンツァー 最終章』第3話 アニメとゲームエンジンの融合【講演】

『ガールズ&パンツァー 最終章』第3話では、背景制作でUE4が使われているそうです。

その事例やメイキングが紹介されています。
アニメ作品にUE4を使う理由や普通に作ると重すぎる森をどのようにUE4で効率よく作ったのかなどが解説されています。

また、運用面なども紹介されていました。

「ノー・ガンズ・ライフ」における、UE4によるCGとセルアニメとの融合 【講演】

こちらも背景にUE4を使った事例のメイキングです。

アニメだとコンポジットなど色味の調整などは、After Effectsで行うことが多いイメージですが、この事例ではコンポジットまでUE4で行っていました。

スポンサーリンク

劇場アニメ『HELLO WORLD』“一行瑠璃“ のUE4によるセルシェーダー構築フロー【講演】

セルシェーダーについて解説された講演です。

劇場版ではプリレンダリングで作成されていますが、それと見分けのつかないクオリティです。
その見た目をどのように作っていったかというのが詳しく解説されています。

また、Alembicの扱いについても解説されており、映像だと使う機会が多いので参考になります。

UE4 Manga Anime Illustration Dive Online【講演】

UE4を使った漫画・アニメ・イラスト制作について学びましょう!『UE4 Manga Anime Illustration Dive Online』開催!
2/19(土) 13:00より Unreal Engine の漫画・アニメ・イラスト制作に焦点をあてた勉強会「UE4 Manga Anime Illustration Dive Online」を開催いたします!

映像ではありませんが、2D調のルックを作りたい際に役立つ講演です。

「マンガで使う!初めての Unreal Engine」や「未経験者でもできる!UE4を活用した2Dカラーイラスト作成法」は、初心者にもわかりやすく解説されています。

スポンサーリンク

フォトリアル・実写

フォトリアルなフルCG系やバーチャルプロダクションなどの実写系に関する情報です。

In-Camera VFXの情報が増えてきているように感じます。

Welcome To Virtual Production【記事&チュートリアル】

Welcome to Virtual Production | Learning path
Dive into using Unreal Engine for Virtual Production. We are starting off with a sample project, and the Virtual Production Field Guides, followed by Me...

一番初めに紹介したものと同様にバーチャルプロダクションについての情報がまとめられています。

少し古いですがこちらでもバーチャルプロダクションに役立つオンラインラーニングなどがまとめられています。

Virtual Production Primer - Unreal Online Learning Course - Unreal Engine
This learning path will help you begin your journey with modern virtual production pipelines. You'll learn how to work with the Unreal Editor, projects, file st...
スポンサーリンク

書籍 – バーチャルプロダクションの教科書

バーチャルプロダクションの教科書

バーチャルプロダクションの教科書

Mark Sawicki, Juniko Moody
4,620円(01/31 08:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

Unreal Engineを用いたバーチャルプロダクションに関する基礎的なことから機材のセットアップ方法などを紹介しているようです。

元々、「ダークナイト ライジング」でVFX スーパーバイザーなどを担当しているMark Sawickiさんという方とILMなどの経歴をもつJuniko Moodyさんという方の著書で、それが翻訳されたものになります。

1/31発売です。

Unreal Engine 4.27 In-Camera VFX Tutorials【チュートリアル】

In-Camera VFXを行うための一連のチュートリアルが公開されています。

全部で9本でアンリアルエンジンでインカメラ VFXを行う上で必要な機能が解説されています。

はじめてのバーチャルプロダクション~3DCG背景を使用した新しい撮影方法を知る~【講演】

Maya x Unreal Engine ウェビナー はじめてのバーチャルプロダクション ~3DCG背景を使用した新しい撮影方法を知る~
バーチャルプロダクション(以下VP)とは、3DCGをリアルタイムで現実の撮影に取り込み、融合させた映像制作手法のこと。ただ実際にVPを実践しているプロダクションはまだ少ない。そこで、3DCG背景制作を得意とするモデリングブロスの今泉氏より「はじめてのバーチャルプロダクション」と称し、VPの中でも「インカメラVFX」とい...

バーチャルプロダクション用の背景制作をする上でのモデリングやエクスポートのポイント、アンリアルエンジンでのIn-Camera VFXのポイントなどが解説されています。

UE4を使用したバーチャルヒューマンの映像制作【講演】

immaで有名なAww Inc.がUE4でバーチャルヒューマンの映像制作を行った手法などが解説されています。

プリレンダリングと謙遜のない絵を作るには?などが述べられており、プリレンダリングからUEに移行しようとしている方におすすめです。

Creating the Dreamworld【講演】

ハイクオリティなフルCG映像をどのように作っているかが解説されています。

モーションキャプチャーや絵作り部分なども解説されており、勉強になります。

個人的にデカールを使ったプロップの汚しがとても手軽かつ、効率的で目から鱗でした。

スポンサーリンク

サンプルプロジェクト

最後に映像制作で参考になるEpic Gamesが公開しているサンプルプロジェクトをご紹介します。

これらは全てEpic Games Launcherのサンプルなどからダウンロードできます。

City サンプル

City サンプル:UE 機能サンプル - UE マーケットプレイス
The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience の都市シーンが Unreal Engine 5 をどのように使用して制作されたかを見ることができるダウンロード可能なプロジェクトです。

UE5のリリースと同時に公開されたマトリックスデモのサンプルです。

リアルタイム用途かつ、映像作品に耐えうる品質なので、複雑ですが一番参考になるサンプルだと思います。

City サンプルについては、こちらの記事でも紹介しています。

ミーアキャット デモ

Weta Digital と Epicが共同で制作した映像です。
そのプロジェクトファイルが公開されています。

Meerkat デモ:UE 機能サンプル - UE マーケットプレイス
Weta Digital はリアルタイム技術とリニアコンテンツ開発におけるその影響の研究を行ってきています。その第一のフォーカスは、ファーとフェザーにおいてどの程度の詳細を実現できるか、というものです。

ミーアキャットのファーは、YETIで制作されており、そのMayaデータも付属しているので、インポート前のデータも見ることができます。

また、ミーアキャットのアニメーションはControl Rigを使って作成されています。

ドキュメントもあります。

Meerkat のデモ映像
Meerkat のデモ映像をセットアップし、ムービー レンダー キューを使ってレンダリングを行い、アニメーション機能と最適化機能を使いこなしてみましょう
スポンサーリンク

Slay アニメーション サンプル

Slay アニメーション サンプル:UE レガシーサンプル - UE マーケットプレイス
アニメーション コンテンツのための新しいサンプル プロジェクト Slay で Mold3D Studio がリアルタイム リニアコンテンツの開発方法の例を示します。Lumen in the Land of Nanite と『古代の谷』デモに登場したウィンドウォーカー エコーが主人公のアニメーション サンプルです。

アニメーションに特化したサンプルです。

ドキュメントが結構詳しく機能についてやTipsが書かれているで、ある程度UEを使える方であれば参考になるかと思います。

Slay
Slay で使用されているシネマティックス技法を学んで、Unreal Engine のバーチャル プロダクション ワークフローをしっかり理解しましょう。

インカメラ VFX 制作テスト

インカメラ VFX 制作テスト:UE レガシーサンプル - UE マーケットプレイス
インカメラ VFX 制作テスト プロジェクトは LED ウォールと Unreal Engine を使ったライブアクション映像制作の可能性の全体像を示した実際のサンプルになります。

ミーアキャットデモと同じような感じでEpicが制作したデモ映像のサンプルプロジェクトです。

ドキュメントでは実際にこのプロジェクトを使用してIn-Caemra VFXを行う手順が解説されているので、In-Camera VFXを試したい方におすすめのサンプルです。

インカメラ VFX のプロダクション テスト
インカメラ VFX のプロダクション テストのサンプル設定方法、および機能、プロジェクト構成、制作時に使用された設定などを学習します。

MetaHumans

https://www.unrealengine.com/marketplace/ja/learn/metahumans

Meta Humanのサンプルプロジェクトです。

Control Rigを使ったアニメーションでここまでできるのかと驚かされます。
また、iOSを使ってフェイシャルキャプチャができるようにセットアップされているので、それもけっこうおもしろいです。

ドキュメントも詳しく書かれているのでわかりやすく、リアルな人間を作成するのに参考になります。

MetaHuman ドキュメント
MetaHuman Creator の使用方法、MetaHuman のダウンロード方法、MetaHuman を Unreal Engine と Maya へのエクスポートする方法について学びます。
スポンサーリンク

Composureフレームワーク

Composureフレームワーク:UE レガシーサンプル - UE マーケットプレイス
このサンプルプロジェクトはブループリントからの Composure コンポジットフレームワークの使用方法について紹介します。

Composureは、UE内でキーイングや実写合成などができるコンポジット機能です。

そのComposureを使用して、実写背景とCGのキャラクターを合成するサンプルプロジェクトです。

コンポジットに関しては、こちらも参考になります。

リアルタイム コンポジットの基本 - Unreal Engine
この Unreal Engine におけるコンポジットの入門コースでは、A over B コンポジットの基本を学びます。Composure プラグインで最高の結果を得るため、実際に作業を行って様々なテクニックを学びます。

オーストラリアの自然

こちらはEpicが提供しているサンプルではありませんが、無料でダウンロードできるプロジェクトです。

オーストラリアの景色を描いた映像作品のプロジェクトの一部になります。
元々の映像作品はこちらです。

とても高品質でアセットとしても使えますし、参考にもなります。

オーストラリアの自然:環境 - UE マーケットプレイス
オーストラリアをテーマにしたアセットパック
スポンサーリンク

まとめ

実際にまとめてみたら記事としては、けっこうな量になってしまいました(笑)

でも、それだけ映像制作でUnreal Engineが使われているという証拠かとも思います!

まだUE5に関する情報は多くはないですが、UE4のときの情報でも大いに役立つものが多いかと思います。

参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

このサイトでは、Unreal EngineなどのCGに関する情報を発信しているので、ぜひその他の記事もご覧いただけますと嬉しいです!

UE5
「UE5」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました